ベランダ菜園、はじめてみませんか?

Pocket

植木鉢

日本の住宅事情では庭付きの一戸建てを入手するのは難しい人が多いというのが現状です。でも立派な庭がなくても、家庭菜園は十分に楽しめることができます。畑や庭がないから家庭菜園は無理だな…と諦めてしまう前に、お手軽にベランダで菜園を始めてみませんか?

ベランダ菜園はカンタン!

ベランダ菜園は難しい?

ベランダ菜園って、難しそうだし面倒くさそう…なんて思っている人も多いかもしれませんが、それで諦めてしまうのはとてももったいない話です。
プランターさえあれば誰でも簡単にベランダ菜園を始めることができます。手軽に穫れたて野菜を楽しむことができる上、殺風景なベランダに緑が加わることで、癒しの効果も期待できるので、いいことづくめです。

コツはあるの?

植物を育てる基本さえ押さえておけば、初心者でもそれほど難しくはありません。肥料など必要なものがブレンドされている土も売っていますし、わざわざ本などを購入しなくてもホームセンターなどには野菜の育て方が載っている用紙が置いてあることもあります。

野菜の種類によって水や肥料のあげ方が違いますが、それぞれの野菜の特性を理解して育ててあげると、愛情も湧いてくるものです。

ベランダ菜園でオススメの作物はコレ

あったら便利なハーブ、薬味類

ハーブは献立をより華やかにしてくれる上に、料理のレベルを一段アップさせてくれるアイテムです。いつもと代わり映えしないメニューでも、ハーブ類を乗せるだけで一気におしゃれ感を高めてくれますね。でもハーブ類ってスーパーで揃えようと思うと結構高くついてしまうものです。

そんなハーブ類はベランダでプランター栽培すれば、いつでも手軽に料理に活用できるのでおススメです。生でも火を通しても使えるバジルは育ちすぎてもペーストにして保存できます。

ベランダ菜園のメリットを最大限生かす!

ベランダ菜園のメリット、それは新鮮なとれたて野菜を味わうことができる!というものです。新鮮な野菜はやはり生で食べるのが一番!というわけで、サラダに使える野菜を育てれば、そのメリットを最大限生かすことができるというわけです。

サラダに使う野菜としておススメなのが、ルッコラやリーフレタス、ラディッシュなど彩りを鮮やかにしてくれる野菜たちです。もちろんミニトマトやキュウリなど、王道な野菜も欠かせませんね!

マンションの高層階だからこそ育てたいベリー類

マンションの高層階は地上よりも虫が来にくいため、野菜に必要な受粉を自分で行う必要がある場合があります。ただ逆に考えれば、虫が来づらいということは、虫の来やすいベリー類なども害虫被害にも遭いにくいということにもなります。

ラズベリーやブルーベリー、イチゴなどを栽培してみてはどうでしょうか。ただし鳥にとってもこれらはご馳走なので、防鳥ネットを使用することをおススメします。

ベランダ菜園の注意点

避難経路を確保する

ベランダの避難経路にプランターなどの物を置くことは消防法により禁止されています。災害が起きた際に避難経路を塞いでしまわないよう、いざというときのシミュレーションをし、邪魔にならない場所で育てるようにしましょう。

またアパートなど木造建築物のベランダは強度が弱いことがあります。プランターに土を入れるとかなりの重さになるため、劣化したベランダで使用することは危険です。予め重いものを乗せても耐えうるかどうか確認しておきましょう。

集合住宅にはそれぞれ規約があるので、それぞれの規約に従ってベランダ菜園を楽しむようにします。

風・水・匂い対策

特にマンションなどの高層階は風の影響が強いので、台風や強風のときに鉢やプランターが倒れないように対策をしておきましょう。当然ですがベランダの外側に鉢などをぶら下げるのは厳禁です。
また水やりをする際は、階下のベランダに水がかからないように気をつけましょう。近隣トラブルに発展してしまうこともあります。

マンションなど密集している集合住宅で牛糞などの有機肥料を使用すると、匂いで迷惑をかけてしまうこともあります。できることなら無機肥料を使用する方が無難です。

その他、家庭菜園の関連記事はこちら → はじめよう!まずは家庭菜園のキホンから

まとめ

ベランダ菜園についてまとめてみました。周囲への配慮さえあれば、ベランダ菜園はそれほど難しいことではありません。緑や色とりどりの野菜を眺めながら、野菜を慈しんでみませんか?

Pocket